盲愛な日々

丸山隆平さんをはじめ、関西のおっさんたちが好きです

2016年の丸ちゃん

不完全な人が好きです。
完璧な人間なんて誰ひとりいないけど、80点90点の人間はいる。仮にその80~90点の人たちがいわゆる""できる人""だとすれば、70点くらいの""ちょっとできない人""が好き。

オメーごときの小娘がなぁ〜にナマ言ってだよ!って感じですけど、丸ちゃんは後者よりだと思います。

楽なんですよ。うんと先をスタスタ歩いてる人の背中を走って追っかけるより、ちょっと前をゆったり歩いてる人にスキップしながら駆け寄っていく方が。


だから、丸ちゃんがスベってもヘマしてもフリ間違えても、別段残念には思わないし、これもまるりの個性だよね今日も可愛いよベロベロチュッチュッ♡♡位にしか思ってませんでした。「走らなくていい、まだスキップで大丈夫」って安心していたところもありました。





ところがマクベス。いやはや、マクベス


今でも覚えています。
頭からバケツいっぱいの冷や水をぶっかけられた気分でした。

興奮冷めやらぬまま、グチャグチャの気持ちでマクベスの感想をブログに綴ったのがつい昨月のようです。
なんだか恥ずかしくて読み返せないけどね。😉



とにかく、すっごいものを観てしまった。
これ誰なん?本当に丸ちゃん??...って思ってしまった。

丸山隆平さんを生で見るのが初めてだったからこその衝撃だったのかなって当初は思ってました。(たしかブログにもそういう風に書いた気がする)

しかし今年を振り返ってみて、ありがたいことに7回も生で丸ちゃんに会えて、やっぱりマクベスの時のそれとはなにかが違いました。


こう......「だめだっ!はぐれた!」と思ったんです。
さっきまで3歩前をゆるゆる歩いてたのに、そこから助走もなしに一気にトップスピードで向こうの角まで走っていってしまった。
そんな感覚がしました。


私の好きな人ってこんなことできる人だったんだ……っていうのと、リサイタルのリハやレギュラー番組の出演に加え舞台マクベスまでこなしてる自担が知らない人みたいだった。

Twitterでこそ「ハードスケジュールこなしちゃう丸ちゃん最強〜抱いて〜!!!」等とほざいていましたが、内心、焦りと戸惑いを感じてました。


……で。
マクベスが終わったらいつも通り、私のちょっと前でヘラヘラしながら歩く丸ちゃんになりました。ホッとした。


それ以降、またいつ突き放されるかと怯えつつもその機会を楽しみにしながら相変わらずスキップで丸山隆平さんを応援しています。


「アーー!これが巣立つ子を見守る親の気分……」なんてことも思いました。ある種、母性をくすぐられましたね。
まぁ丸ちゃんが生まれた頃、私はまだ卵にもオタマジャクシにもなってないんですけど。




また一段と深く、丸山隆平さんの魅力の沼にハマった気がした1年でした。





最後に!

偶然ネットで銀河一の男、「丸山隆平」と検索バーに入れたらこのキモいブログがヒットして読んでくれた人!
TwitterのTLにキモいブログ更新通知がきたので、暇つぶしがてら読んでやっか〜って読んでくれた人!
なんか知らんけど勝手に指が当たっちまっていきなりキモいブログに繋がってビックリしちゃった人!そんでそのまましぶしぶ読んでくれた人!(……なにィ!?『読まないでソッコー閉じたわ』だと!?きみ正解!帰ってよし!寂)


1年間、混ぜ終わったカレーライスのごとくグチョグチョな読みづらい文章を読んでいただき、ほんとにありがとうございました!!!!

2017年もヨロシクね!!!!!